スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仕事がほしい

 このブログ辞めようと思っていたのだが辞め方がわからない、なのでとりあえず続けてみようかと、
5ヶ月も更新していないのだが、少しは書くことはあるし時間もある、筆不精ならぬキーボード不精かな、世の中不景気で仕事が少ない、今週明日まで休み、そんなわけで今キーボードたたいている。

 人口6500人の我が極貧の山間の町ではおいそれとバイトもない、こんなおじんじゃ余計に仕事が少ない、職人を自負していても横のつながりのない人間など相手にする人は少ないし、わがままなので余慶に狭くしている。

 先月終了した工事のデータまだ整理していない、次の仕事のしたいのだがこの不景気なかなか進行しない。補正予算でも成立しない限り心理的に動かない部分もあると思うし、今後に備えて資金を
出さない部分があるようだ。

 同業者や友達と会えば「おい今年この先どうなのや、どうする」こんな話ばかりでますます暗くなるが、例の定額給付金を当てにして安いプリンタを購入した。なんともお粗末な話だ。

 とにかく次の仕事が始まるまで何か仕事をしないと思っていたら林業の手伝いの誘いが来た。こちらの仕事は、今は真冬雪が降ると2,3日休みになるそれ体に空きができるので、再開するまでにまた何かバイトをと思ってもまた何もない、こんな連続である。

 自分で何かを発掘するしかなくなる、一応頭の中には思う部分もあるのだが、今の金融機関の状態では資金と言うところでなかなか思い切れないし、年齢と言う部分もある。でも何かしないと。


 



 

 











スポンサーサイト

テーマ : 岩手県 - ジャンル : 地域情報

建物木造在来工法(大工の話)

 大工から見たら家を建てるとは創る、造る、作る。こんな感じです。敷地にも色々ありますが、平地、斜面地、崖地(下面崖地、上面崖地)など色々ある。周囲の状況、地盤の状況等を良く確認すべきである。法規上の規制、町の中の規制の家、施主のこだわりの木の家どれをとっても構造的には同じ条件で施工するしかない。町場の規制の家はほとんど問題が無く施工できるが、増築の家また外部に無垢材をみせる家などは構造上または金物の使用などで問題がでてくる。特に増築の家は既存部分と増築部分の両方が構造上確認申請の対象になるので把握してないと思わぬ出費になります。
 基礎は、フーチング連続基礎、全面べた基礎等がほとんどであるが今現在全面べた基礎が流行である。構造的には外部周りフーチング付き全面べた基礎が有利かと思います。もちろん鉄筋等は計算により入ります。
 在来工法において限られた予算の中で震度7の地震に耐え命を守る家をつくる。個人的に見れば金物使用によるがんじがらめの木材の在来工法は見た目には何も問題が無く見えます。木は乾燥により縮みが生じます。ボルトの穴の径が使用のボルトの径より大きすぎてはこの木の縮みのためボルトナットが緩み効きが悪くなります。最低限使用するボルトの径と同じ穴の孔が必要です。
 木造の建物を解体した際にボルト等の緩みを確認すると80%ぐらいに緩みがありますし、ごくまれにナットのはずれもあります。また国産材を使用していて乾燥の不十分だった木材を使用した建物は、乾燥収縮によりねじれ等が生じほぞ等が折れてる場合もありますし、建物の一部歪みにもなりますと地震等でその部分だけ壁等に被害が出ることもあります。
 大工は建物の構造をきちんと把握して将来のことまで考えて施工することが大事です。
 
 
 
 

テーマ : 岩手県 - ジャンル : 地域情報

出会い系

 6月に登録した3箇所のサイト何度退会しても私のデータが残っているらしく毎日、毎日誘いのメールが来てどうしようもない。今日も10人から分刻みにメールが来ている。サクラが多いのかどうかは分からないが誘いである事には間違いが無い、そのものずばりの誘いから、逆援の誘いまでさまざまである。私のような58歳のおじんが登録して自分でも不思議なんだが、メールをくれる若い子はもっと不思議で何を考えているのか、私のようなおじんじゃなくてもっと若い方を選びなさいとたまに説教をしたりしたが聞き入れてくれない、逆にもっと過激になってくる私を攻めて来る。貧乏人のおじんはもうメールの連絡はしないで記事を見るだけだが非常に疲れる。もうアドレス変更するしかないのかな。

テーマ : 岩手県 - ジャンル : 地域情報

秋の味覚

 我が家の入り口に栗の木がある改良品種の大きな粒が今年もたくさん実になりおいしくいただき、親戚等にもおすそ分けした。毎年のことだけど栗を拾いながら栗のイガの針が刺さりとてつもなく痛いことである。我輩老眼のためイガの針のトゲが見えない、1.5の老眼鏡でやっと見える程度で仕方が無いから、刺さったままほうっておいたらいつの間にかなくなっていて患部の皮が剥けていた。

テーマ : 小さな幸せ - ジャンル : ライフ

昭和9年頃の稼動

設置された破砕機
昭和の初期の破砕機です。
鉱石破砕機
鉱石破砕機
 鉱石破砕機の稼動していた時期が分かりました。
ある方の話により昭和9年頃には動いていたと記憶していてその方は私は昭和10年に小学校に入学したので間違いはないし自分の親等にも良く話を聞いていたの間違いはないというう事でした。
今この破砕機は山から解体移動され住田町民族資料館に木組みと共に設置されました。

テーマ : 岩手県 - ジャンル : 地域情報

プロフィール

せっこ日記

Author:せっこ日記
FC2ブログへようこそ 熊谷誠一です。岩手県気仙郡住田町上有住、県道167号線、沿線に住んでいます。建築法規が変り確認申請手続きが面倒になり、木造の住宅の建築が減っています。木造伝統工法が限界体力計算という計算方法で申請をすることになり建築の伝統文化が危うくなってきています。新伝統工法みたいなことを考えて見たいと思います。そのほかに見たもの、思いついたことなど書きたいです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。